島良一文庫

参考になる書籍、これさえ読んでおけばOK!という、島良一選りすぐりの書籍をご紹介です。本の画像をクリックすればAmazonへとんで購入できます。

価値創造の思考法

そのモノや、人、団体などの価値を掘り起こす、価値要素採掘マップと、顧客の旅デザインマップの使い方が書いてあります。これを読むことで、どれだけいままで、点や線でもしか物事を捉えてなかったのかと怖くなります。商売は4次元で捉えないと。そんな足がかり的な書籍です。

オススメ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)

買いたいのスイッチを押す方法

私が小阪裕司先生と出会ったのはこの本がきっかけです。DTPデザイナーとして悩んでいるときに、「ジャケ買い」しました。デザインは右脳的な感覚だと思っていたのですが、左脳で整理することができることを知ったのもこの本が始めです。プリンの売上を50倍にした事例には驚きましたが、今ではそのプリンを売った方とも仲良くさせていただいています。そんな思い出の書籍で、実用性もバッチリです。

オススメ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)

6分間文章術

私の尊敬する友人が、ライティングについて語る本はいっぱいあるけど、この本さえあれば、他のライティングはいらないと思う!と言わしめた一冊。中野巧さんの6分間文章術。

オススメ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)

伝わるデザインの基本

実はこれの一個前のバージョンを買ったのですが、目からウロコでした。デザインを勉強するなら、この一冊。

これをしっかり買ってから、ソフトの使い方を勉強してください。ソフトなどのツールを覚えれば、デザインができるわけではないのです。まずは筋トレしてから、運動しましょう。そんな筋トレ本です。

オススメ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)

印刷メディアディレクション

もしあなたがデザインの仕事をしていて、直で印刷会社やデザイン事務所などとの仕事をやり取りしてないのであれば、この本をかって、知識の平均値をあげるべきだと思います。これは資格をとるためのテキストですが、かなり参考になります。

オススメ度 ☆☆☆☆★(4点)

日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本

MBAのことを勉強しようとおもって軽い感じで買いましたが、結局はこのグロービス経営大学院へ入るとこんな感じで勉強できるよっていう宣伝的な漫画でした。ただ、純粋に面白く、インデックス(目次)程度しか教えてもらえませんでしたが、MBAの鱗片を見れたのがとても良かったです。買い。

オススメ度 ☆☆☆☆★(4点)

世界一やさしい問題解決の授業

ワクワク系マーケティング実践会での中で、行動を分解して考えるということが大切と勉強しているのですが、この本は物事をとことん分解しているのが特徴です。若干クセがありますが、メタ認知(俯瞰でとらえることが)できれば、いろいろアレンジして血や肉にできるはずです。

オススメ度 ☆☆☆☆★(4点)

稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなった10の鉄則

この方は高校から、商店街を活性化するプロジェクトに加わり、大失敗しています。しかしそこからさらに這い上がっています。マーケティングの本というより、マネージメントの側面が強いかもしれません。つまり、どう人と付き合っていくかとか、どうやって人を動かすかとか。また助成金が結局は商店街や店をダメにするなど、かなり鋭い切り口が読んでてこちらもスッキリし、そしてやる気を与えてくれます。買いましょう!

オススメ度 ☆☆☆☆☆(5点満点)

あなたのオススメの良書を教えてください。

オススメの良書がありましたら、お教え下さい。私も読んだ後、素敵だったら掲載させていただきます。知識のシェアをしましょう♪

以下の問合わせフォームからよろしくお願いします。